月下美人2日目

 昨晩、1輪だけフライングした月下美人さん


今晩が本番でした。
10/12 が開花しました




全体を映すと小さくなるので、一部だけ撮りました。

撮影時刻は、23時30分ごろです。
やはり、24時前後で満開ですね。

満開を迎えるのと並行して、強い香りを発します。
ん‥ちょっと、ゆりの花に似てるかも。もうちょっと大人っぽく上品な感。
かなり強い香りを発します。


感じる女性像
芯が強く凛々しい。しなやかなで、情熱的過ぎる。
すごく官能的でもある。
フェロモンは出まくり。



一晩に命を燃やすんだからね〜。


夜明けとともにすべてがしぼんで下に下がります。

一夜だけの、まさに神秘。



今夜の月齢13.3

明日が、満月。


今宵、月下美人開花しました

 父さんの月下美人が開花した。

先に1輪だけ。


いっぱい栄養あげてたから‥


夕方、今にも咲きそうなの発見。
あ、いよいよ今晩か‥と




でさっき 午前0時ごろ



お見事



こんなにつぼみがw
全部で11こ



たぶん明日の夜でしょう‥


またupします



あーこれで こころおきなく
父さん、迎えに行けるよ。



One Love,
One Soul.


新しい気持ちで。

日の出明けましておめでとうございます。


108つ目の鐘、年明けの瞬間 at京都・知恩院


祝2011年!

ご挨拶遅れましたが

昨年中は本当にたくさんの方々の応援をいただいて
それが私を育ててくれている。
本当に実感しています、
ありがとうございます。

本当に人間ってその土地に育てられるもんなんだって感じます。

鴻巣、然り
京都、然り。

それからラジオでお世話になっている場所・・しかり。
土地は人 人は土地

なんてさ〜っ・・だってそう思ったんだもーん。





2011年なんてずっと先の未来のハナシじゃーん、
・・なんて一昔前は思ってたなぁ。。

自動車自動車が空飛んでる曇り時代にでもなるのかあ!?・・なんて本気で思ってましたが
そこまではさすがにいかないかバッド


それにしてもそれに近い時代ではありますよねぇ

携帯が液晶テレビになっちゃうなんて想像もしてませんでした冷や汗。。



とまあオバサン染みた発言になってきたんでここらへんで


昨年は本当に駆け足のような日々でしたが
今年はそれを上回る充実した日々になったらいいなあと思っています。
いや!そうならな!アカン!のです・・・・・・・



ところで
年末はちょっとゆーっくりしよっかな〜実家でごろごろ・・・

なーんて。思ってたんだけど
掃除に始まり年明けの準備等に追われてあっという間に年が明けてしまいましたわん犬汗

でも逆にそれがすっごく私にとってはリフレッシュになったかも!
体は疲れたけどココロは非常に穏やかな日々にゃーん猫ラブ




それと同時に
お父さんが亡くなってから、男性的な作業や仕事もやるようになって
つくづく「やっぱ男手って大事だなあ〜」と心から思いました。

父親の存在
当たり前に感じてたそれはそれはいろんな事が、凄く特別に感じます。

失くしてから気がつく事って多いものですが
ほんと、まさに。。そうですね。


ああ 泣けてきたよ。
だから大晦日には仏壇を隅から隅まですす払いしピッカピカに磨いてやりました



世の男性諸君はくれぐれも奥さんを大事にしてよ抱擁
休みのときだけでもいいから家事を手伝いなさい。それで奥さん心身共にどれだけ安らぐことか・・

奥さんの身になって考えろって言ってもどうせ無理だろうから、
とにかくやりなさい。


と正月早々の説教、しかも この私の分際で(笑)!
・・正月なんだからそれもアリよねグッド



今年もどうかよろしくお願いします。



今年はもっと、あまり考えすぎず自分らしさを出しちゃいたい。

えーいだしちゃえ〜!!!!!!


ライブハウスで禁断のライブ・・とかさ(笑)
こんなんとか・・あんなんやったらどんななるやろか?とか色々
(ここでは決して言えへんような)

・・言うならば門外不出な


そんな話を前にメンバーとしたなあ・・
学祭ライブのあとだったっけか。


わたくし美根ゆり香は
今年1月2月はライブはすこし控えめにして
制作に入る予定です


とりあえず近々では

1/9(日)
@東松山ピオニウォーク
�13:00 �15:00

with 北条しょうじ(ハーモニカ)!

キタ―ーーーーーーー楽しい

久しぶりのしょうじさんキタ―ァ
本人うずうずしてらっしゃるご様子ですのよ。


2人が揃うのは最近かなり珍しいので
是非観に来てくださいパー





今年も、どうか美根百合香を宜しくお願い致します。

秋が来たねえ

今夜はスタジオリハ終わってから、走りました。

距離はそんな長くないけど・・4キロほど

気温は23度、走るには爽快すぎる気温です。


秋が、身に沁みてくる。

なんだか猛暑を乗り越えた達成感に近いものがあるな〜ww


こんな瞬間、「今を大切に生きよう」とか思ったりする・・・w


清々しいなあ〜。
もう少しで金木犀かな・・

今年は遅い気がする
無理もないよあんだけ暑かったんだからね・・


ああ金木犀のあの甘いやさしい香りww

五条坂の陶器まつり

昨日は、五条坂で行われてる陶器まつりへ行ってきました
前からずっと行きたかった行事です

「こんだけ京都に居はってまだ行ってないの」
と言われてしまうくらい、大きな陶器市です。

真夏のまだ暑い夕刻

ネコちゃんものびてます

五条通り、川端から東大路まで、1kmは無いでしょうがそれに近い距離にわたってなん百件もの露店が連ねます




それこそ、人間国宝の作品が見られるチャンスでもあり、
様々な作家さんの作品や、全国の窯からの作品を言い値で買うことができます。

うん百万のものから、うん百円のものまで・・

それがこの市の醍醐味です。


4日間にわたって開催されるこの陶器市ですが、この日は日曜日と云うこともあり
とにかくたくさんの人でした。
なかでも目に付いたのは熱心な外国人の姿



やっぱり日本のこういう文化、好きなんだよねぇ〜^^


ところで若者らは、同時期に鴨川沿いで開催されている「七夕祭り」に熱をあげているので、こちら五条坂のほうは、人は多くてもなんだか穏やかなひととき。。
じーっくり作品が堪能できます。

やっっぱりこっちがおちつく〜。


ちなみに今回の私のお目当ては、床の間に飾る花瓶です
うちにある花瓶がどういうわけかみんな大ぶりで、それだけ花の本数が要るので(汗)
花と水を入れると運ぶのも重くてタイヘンで・・

小ぶりで3、4輪ほどで手軽に飾れるものを前から探していましたので


そんなこんなで
途中、絵付けが特徴的な作家さんのところで、脚つきの湯のみを1個買ってしまいました^^予定外w



すごく気に入ってしまいましたので・・



そして日も落ちて夜の帳が下りたころ
ひとつの作品に目がとまりました

大きさ、形、色あい、そして手に持ったその感触

瞬間的にびびっとキタ―


店それぞれに、作家さんそれぞれの売りスタイルがあって
積極的に声をあげて売るタイプ
やたら頑固そうなタイプ
やたら馴れ馴れしいタイプ

などたくさんありますが

そこの作家さんは、すごく素朴な方でやさしくて、話すと言葉少なな中にもまっすぐなものが伝わってくる人でした。
私が手に取ったものは、クヌギで何日もかけて燻し焼きにしたものらしい。。
松より、クヌギのほうが味わい深いものが出る・・とかなんとか

少し迷っていたところ、とても良心的な値段にしていただいて
購入決定。



作家さんの名は
「嵯峨根 辰夫」さんと云う方です。
舞鶴の西方寺というところで、農業をしながら創作活動をしているという・・
ご定年後に自分の窯を立てるために土地を購入されたようで
とにかく自然をこよなく愛し、ほぼ自給自足に近い生活をされているようです。



そうか・・
このかたの、何とも穏やかで落ち着くオーラの理由がわかった気がしました。

しかも、昨年から、ニューヨークにて京都の作家さん5名ほどで作品展も開いていらっしゃるとのこと
今年の11月にもまたやるんだそうです。

お互いに名刺交換して、私も音楽をやっている旨を伝え、お互いに頑張りましょうと固い握手を交わしました。

素晴らしい出会い。
そして、そのかたがその手で作った作品を床の間に飾れる。

作家さんから直接買うということはこんなに素敵なことなのかあ。
その思いごと、受け取れる感じ・・

そんなこんなでなんだか胸がいっぱーい・・



お盆を迎える支度が整いました^^

京都の夏です

今日(15日)の京都は、夕方までず〜っと凄い雨でした。

でも、夕方にすっとやんだんだよね
―気が付いたらキレイな夕焼けになってました。

CDリリースまでにいろいろそれなりにやることがあって
昼間はそれらを片づけたりしてたんですが


ど〜しても行きたい!!
祇園祭!


雰囲気くらいは楽しみたいので、もう夜9時回ってたんだけど
気分転換がてら、とりあえず
四条烏丸まで出てみました。


まだ人がすごかったです

とりあえず私は室町通を歩きました


ココには鯉山、菊水鉾などたくさんの山鉾町があるし、普段は非公開のお宝を公開してたりするから歩くだけでワクワクです。



・・とは言ってももう時間も時間だったので、とりあえず写真だけ。

この見事な鯉の絵は京都の有名な木村先生っていう社長の知り合いの方が書いたものなんです、ものすごい迫力で圧巻です


こんな遊び心も。


モチロン必死で見つけてきました。


今夜は「宵宵山」

明日は宵山です。
今日に増してすっごい人ですきっと・・


時間があれば四条通りの長刀鉾と月鉾を拝みたい!
鴻巣での8月1日の式典が滞りなく進みますようにって事も祈ってきます。


西の黄砂、こんなにキツイものだなんて。

京都へ入って約1週間が経とうとしておりますが、


とにかく、とにかく!

黄砂と云うものが、関西ではこんな被害を及ぼしているなんて!

初めて体感しまして・・・



もう。・・・はっきり云って、スギ花粉どころではありません。
あまりにも酷い有様・・・

喉も痛けりゃ、鼻水止まらないし・・、咳も出まくるし。

お陰で抗生物質を頂く羽目にまで。。。


いつも行くドラッグストアの店長さんもおっしゃっておられました
「ここ何日か、原因不明ののどの痛みや咳でたくさん相談にいらっしゃるんです」
と・・・


毎日の日課になりました
起きるとまず、ネットで気象庁の「黄砂予報」を確認する。


黄砂の予報なんて、あることすら知りませんでしたのに・・。


その「黄砂飛散情報」を見ると、中国のとある地方や、韓国では、日本の関西とは比べ物にならないほど、高濃度の黄砂が飛散している模様で

おそろしくなりましたよ(汗)

そこらの人々はどうやって、日々を過ごしているんだろうか・・・・・




黄砂自体には、全くアレルギー物質は無いそうで

問題は、それに付着している化学物質やら小さい粒子の金属片なんからしいですよね

やっぱり、大元は環境問題に、辿りつく訳ですか。


あー どうにかしてぇ。

さくら集

ことしのさくらもやっぱりきれいだなあ。


どれも
私の子供時代の懐かしの場所です



枝垂れ桜(モデル:ミネはは)




「陽光(ヨウコウ)」という名の桜ですって。きれいですよね。

がく?が赤いんです


そして・・石戸の蒲桜(かばざくら)、国の天然記念物です

・・写真で見るより実物は凄い迫力。下に立って空を覗くとその枝々、花々の密度に感動しますよ〜ぉw

そしてわが母校デス。

あぁ、懐かしい、ほんと・・・。

花見一番乗り

裏からの頂き物です。

早咲きの桜です。



濃いピンク・・・

肝心の名前を、忘れました


ほんと色が鮮やかで写真で見ると、
まるで造花、みたいですけど、、

れっきとした、生きた桜ですよ


ってことで、さっそく独りで花見ですよ

傍らに座ってビールですよ


思ったよりもまだ肌寒く、そんな自分がだいぶ寒かった・・・

心がさむーい(汗)


春よ、来ーい。

2010年が明けました

昨年中はいろいろとたくさんの方々にお世話になりました。
本当に感謝しています。

今年は、一つ一つの仕事に心をこめて、じっくりと取り組んでいきたいです



「一心一句」

奏でる一言一句にもう一度、心を入れなおすつもりで。



| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM