人間国宝による狂言奉納―at神護寺さん

京都高雄にある、神護寺(じんごじ)にて
弘法太子空海入山千二百年紀のご法要と、それに併せて
人間国宝による狂言奉納が行われました。

何故か、私は今回照明アシスタントという形で参加いたしました

何故か・・(汗)


神護寺は高雄の山の上にありまして、もちろん今回初めて入らせていただいたのですが・・・



何とも、素晴らしいお寺でした!
ひんやりとした、格式ある本堂に足を踏み入れると、
そこには、どのくらいでしょうか・・・ざっと20体ほどはある仏像の数々。

圧巻です。

中央におられます御本尊の薬師如来さまは、なんとも女性らしい少しだけふっくらした体つきも何ともやさしく、おっとりしたまなざしで
つい、食い入るように見つめてしまいました。


実は、私は狂言自体が初体験。
初の狂言鑑賞が人間国宝の方によるものだなんて、なんともラッキーですよね!

狂言って、行ってしまえば昔のお笑いのようなもの、なんですね

知らなかった・・

気楽に見られるものだったんですね


そしてなぜか、お坊さん方、そしてご住職のご長男様と写真をとらせていただいてしまいました・・

つい、かしこまり。





夜のライトアップされた姿もまた格別です



ライトアップ一般公開は11月くらいだそうです。

南禅寺にアレが・・

最近いい事なんだけどとてもやることが多く、
さすがに頭の中が荒れ果て

見た目にもだいぶグロッキーに見えたんでしょう


見かねた社長が
2時間ほどのプチドライブに連れてってくれました。


私の希望で南禅寺界隈へ



さっすがの連休。
終わりとはいえ賑わってました


お彼岸ですね
彼岸花があちこちに・・・

で、すごいもんを発見。

正面向かって、左の側道から境内を見ると巨大なバナナの木があるんです。


それは以前から知ってますが・・


なんとバナナがなっている。

それもかなりな―すずなり状態。


ああやってなるんだ・・先に花のつぼみ?(咲き終わり?)がある。。




これから大きくなるみたいだからまた観察に来よう。
どうなるかわくわくしますね〜


それと余談

側道にある小川で黒人のパパとボクがザリガニ捕りに熱中していました。
それもかなり熱心に。

なんだか微笑ましいな〜と思って、どんな会話がされてるんだろと近づいて行ったら、パパが

「そろそろ帰るよ〜」


フツーに日本語で言ったので、がくっとなりました




なんだかバナナと外国人親子で癒されました。

よっしゃー。



市比賣(いちひめ)神社は女の園♪〜

ひな祭りがもうすぐですね〜
…と云ってももう何年も、ひな祭りらしい事全然してない(汗)

日本人なのにぃ〜っ だめだだめだ

という事で少しひな祭りの事について調べてみると・・・

やはり起源は京都にあるよう。
平安時代に、貴族の子女がやっていた「ひいな遊び(お人形遊び)」と、
「流し雛」といって、子どものすこやかな成長を願って、小さな人形を子どもの身代わりに川や海に流し厄を払うという行事・・・この2つが結びついて、現在のような「ひなまつり」になったんだとか。

そしてその「流し雛」の行事は、今でも下鴨神社で行われているんだって。
今では、公募で選ばれた、結婚を控えた男女が、十二単、衣冠装束姿に身を包んで、和紙人形を境内の御手洗川に流すというものらしいです。

やってみたいーっ(切実)

もうひとつ、気になった場所が「市比賣神社(いちひめじんじゃ)」

ここはもともと市場の神様なんだけど、ご祭神が5人もの女神だという事で、女性の神様として崇められているそうです。
歴代の皇后も信仰しているそう。

此処では、3月3日にはオドロキの行事が行われるそうで・・
人が実際に扮する人雛、五人囃子の雅楽、そしてそれにあわせて三人官女が舞を披露するんだって!
まさに雅やかな公家社会の再現ですよ〜

これはちょいと行っておく価値ありだと思って・・・
行って参りました。
場所は河原町五条の近く。
入口には「女人厄除」だって、女性専用初めて見た(笑)



普通のろーじに突如表れたのは、何とも艶やかなかんじの、こじんまりしたまさに「女の園」



全体の色使いといい、お公家さんの姫が似合いそうな場所。




ひな祭りが近いからいろいろ飾り立てていたのかな??
それは解らなかったけど

ちょっと幸せというか、やさしいな気持ちになりました


ここで売っているお守りも女子ならではのものが♪

「女人お守り」なるものや
「肌身守」(・・美しくなれるのだそう)といったお守りが。


女人お守りゲット♪


ホントは両方買いたかったんだけどちょっと欲張りすぎって感じで恥ずかしかったので(笑)

おみくじもこんなかわいい「姫みくじ」です


女子の皆さーん、一度行ってみる価値あり♪

来年は是非、3月3日にお雛様や三人官女の再現が見たい。




京都研究

っていう新しいカテゴリ作ってみました。

最近ラジオで京都紹介コーナーを作ったので、こりゃ勉強しないとまずい!!とおもひまして

比較的大きい本屋さんで旅コーナーへ行くと・・・

あるある、京都に関する書籍がたくさん・・!

最近は単純に旅の本、だけじゃなくって
文化を掘り下げたものがいっぱいあって、立ち読みするとこれがかなり
オモシロイ。



なんかテンション上がって、一度に4冊も購入しちゃった。


「幕末編」やら「京都・魔界巡り」、
それと「3条通」に特化したもの、それから・・・
「京都のお守りガイドブック」 

どれも面白そう。。。


今度のラジオでは何を取り上げよっかな
(8月29日(金)午後2時〜4時)


京都は長いものの、なかなか寺社周りとかは出来なくて
京都界隈の地理にはだいぶ明るくなったものの、自信を持ってご紹介できることは数えるほどしかなく・・・

昔から京都は好きな土地だしすこし勉強しよっかな、と



みなさん「京都検定」って知ってます??
確か京都の商工会議所が作った資格だと思うんだけど

京都を歴史、寺社、文化、など あらゆる角度から知り尽くさなければならないのです・・


母と「受けてみたいね」って言ってるんだけど
―そんなあまーいもんではないんです・・・が

ちなみに3級は、公式テキストの中から90%出題されまーす
ってことはやれば何とかなるかも・・って甘いかしら??

とにかくいちど受けてみたい。。。
(裏ではこそこそ画策中・・ふっ)

京都検定・公式HP


テキスト売ってます
興味のあるかたはぜひ
ここから例題も出来ます、かなり難しいけど

京都検定合格ネット

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM