アルバム、ミックス中‥

 ミックス、というのは、アルバムをつくるうえで、ある意味「録音」とおんなじだけのウェイトを占めるのかもしれない。

ミックスというのは、それぞれの音のバランスだけではなく、どんな色の音にするかとか、L R (左右)への振り方など、すなわち「音像」という物を決める重要なもの。

まさに「全体像」や「キャラクター」を決定する重要なものです。

とにかく、皆さんが出来上がった曲を聞く時に感じる空気感とか、雰囲気を決めるのは「ミックス」という作業である事は、間違いないです。


アルバムの第一段階のミックスを何度となく、、それこそ一晩中、いや二晩中、聴いていました。

そこに浮き上がっているギターのアレンジとか、ドラムとかリズム体の関わり方とか、
とにかくミックスが進むにつれて、その全体の凄さが!浮き彫りになってくるんですよ。


何度も聞いて聴いて、泣けてきた。

泣ける、って‥ ほんとにすごいことです。

自分の曲を聞いて泣けるって、今までになかった。
初めてですよ。




11月リリースと言いながらちょっと遅れちゃってますが‥
もう、ここまで来たら、とことんやって

本当に内容いいものを世の中に出したいと思っています。


ずーっと、ずーーーーーっと聴けるものを。


エゴなのかもしれないけれど、何度となく聴き倒せるような音楽を
世の中に出したいです。


ONE LOVE
ONE SOUL



アルバムREC2回目:-)

 2回目のスタジオ録音。





今回はスパニッシュ風の、あの曲!!

ジプシーの血が、騒ぐ〜〜
(アイアム・純日本人)


‥と言うことで、まさに、パーカッション祭りになりました♪


ガットギターの音色に
カホンやタンタン、そのた小物振りモノ‥etc
最終的には、生ハンドクラップまで!!

この曲に入ってるモノ、ぜ〜んぶ生音。
んん〜〜 なんて、なんて贅沢だ。

今回のパーカッショニストの木村和人さんは、いつもフラメンコで叩いていらっしゃる方!
とにかくとにかく、感動しぱなし、すんごいです。
ベースとガットギター、そして何といってもアレンジをしていただいたのは
先日の嵐山・法輪寺さんでのお月見ライブでもベースを弾いて戴いた
川辺ぺっぺいさん、です!

この曲は、今回のアルバムの中でも、ひときわ異彩を放ち、いい味出しまっせいいグルーヴだしますよオ。






今回のアルバム、ほんとうに
歌だけじゃなく
楽曲自体の聞きどころが本当にたくさん‥

他の曲弾いてくださってるGt.の羽栗唯明さん(通称・はぐさん)のギター
聴いたら、
きっとアナタ鼻血出します。



あと一息!!頑張ります。



ONE LOVE
ONE SOUL



NEWアルバム本REC:1回目

 ご無沙汰です〜!


ついに!
ついに!
つつつついに!

アルバムのレコーディングの本チャン、第1回目!!

きましたあああ‥


ここ2か月に渡って、メンバーと共にアレンジを練ってきました

その途中経過すらお伝えせずにすみません


なんか、かなり気持ち的にはストイックにやっていました!


それでも、すごく有意義に、すごく自分にとっても自分の音楽と心から向き合えている時間です
本当に有り難いです。


それもこれも、今回一緒にこのアルバムを生み出しているメンバーが居るから
思いを音に、出来てきています。

かなり、かなり。
かなり自分のやりたい「音」が出来上がっています!!

ほんとうに。びっくりするくらい。


初めにピアノのREC‥いちおう‥ちゃんと、自分で、



弾いてるんだよと 笑 いうことで




それから、、歌録り!
最初は余裕かましながら、ブースへいってきまーす^^と




↓使用後 ぐったり↓↓ 汗びっしょり^▽^;





ほんとに「精魂尽き果てた」という表現がしっくりくる

それだけ、自分の思いが出し切れたという事です!


引き続き頑張っていきます〜〜^^)ノ


ONE LOVE
ONE SOUL

夢のBillboard


最近、よく周りに、「ビルボードに出たい」

と言い続けてる^▽^



今、「瞬き―さくらが咲くころ」のアレンジの真っ只中なんだけど

徐々に出来上がっていくデモを聞いていると、無性に。無性に。





「いつかこの曲を、ビルボードのステージで歌う。」




と、とてつもないんだけど、

そんな感情がどんどん大きくなって、じ〜んと湧きあがってくるんですよ。



‥そういう、音源を、そう思えるような、音源を、つくっています。つくる!

私は私。


媚びない流されない。



とりあえずストリングス入れときゃあいいや、
流行りだし、それらしく聞きがイイ。


‥とかそんな思いは一切ないです。


そしてその事を、メンバーがみんな、理解している、共有している。ありがたい。



だって、
自分の「名盤」を作り出すためにやってるんだから。




one love

one soul








3/10ワンマン近づいておりますよ〜ん

 ついに

1週間を 切ったど^^;−−−−−−−−−−−−−−−−!!!




一昨日になったけど


「ゴッド兄さん」に会ってきたよ〜ん♪

↑↑ かなりの、重要人物、です。




すげぇ!!神だ!!

兄さんすげえよ!!


‥というくらい本当に凄い方です。尊敬します。




わっかんないかな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。







わっかんなぃ だろうな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。




「ゴッド兄さん」です。



1週間切ると、流石に緊張感、ほとばしってくるね。

明日も、リハです。
がんばるきゃないね


寒い→籠って制作

 って題名の通りです。

今は最近つくった3曲の仕上げ段階

‥といっても、この子たちが日の目を見るのかは解らないけどさ‥汗

曲を作る時はいつもそう。

だって自分の中では意外な曲が、ライブで独り歩きして愛されていくという場合も多々あるし‥


どちらにせよ
「自分の心を注ぎ込む」と言うのが大事で
勿論「このメロは皆に届きそう」とか、共感を狙う部分も勿論あるけど

その部分と自分の譲れない音楽性との葛藤はいつも持ってやってる。
迷ったら自分の音楽性を優先します
結果、自分が一番気持ちよく歌詞をメロに乗せて歌える歌になるから、
皆さんの心に届くと思うんです

どれだけ自分を解放して歌えるかが、ある意味お客さんの心に届いているかのバロメータになると言うのはあると思う。



ところで
11/24京大病院で手術をしたうちのボスですが
まだ入院中です

日に日に驚異的な回復力を見せております。
先生が言うには、日常の生活に戻せるのは1か月
飛び跳ねられるようになるのは3カ月

だそうです。

初めて手術のあとを見せてもらった時には正直震えあがったよ‥
まさしく人生の勲章となるよ。


周りはいつも「ここまで来たんだから焦らずですよ。」と言っています

それにしても
たくさんの方々からお見舞いやあったかいメッセージを戴いて、
それだけで涙が出る毎日です。

社長は、皆さんに支えられてるね!!

社長「これを音楽で、仕事で恩返ししていかなぁなァ‥」
毎日の社長の口グセ。



音楽三昧

 少し間が空いてしまいました

自分のライブが少し続いていて、めっきり音楽鑑賞をする機会がなくなっていたので

ここ数日は音楽三昧やってます
自分のCD棚を漁って、最近聴いてなかったアーティストを引っ張り出しては聴いています。

こんな時間、気がつけばとっても久しぶり。
自分の曲を作ったり練習したりする時は、ずっと心の奥でダメだしばっかりしちゃうんですけど
好きなアーティストの曲を聴くときは、本当に純粋に音楽に心地よく浸れる時間だから
気持ち的にも元気がもらえるんだよな~

ライブは「OUTPUT」です
それから、音楽鑑賞や映画鑑賞や本を読むことでまた「INPUT」されて

そこからまた新しい創作意欲を生んでいくんだな~

今時期はライブの合間ではあるけど
すっごくINPUTした~い気分なんですねぇ
心のどこかで無意識にアルバム制作を意識してるのかも・・・


今日は敢えて90年代と00年代の女性アーティストを久しぶりに聴き漁りました
洋楽ばっかになったケド


最近原点回帰でついどんどん遡って70年代、60年代ばかり追求していたので
敢えて、学生の頃や20代後半によく聴いたモノとかにしたよ


・シェリル・クロウ
ギター系のシンガーソングライター グラミーもとってます
やっぱ特にアコギの生感最高に好きだな
エレキとあいまって本当にカッコいいです

それから すっごいこの方の歌には影響をどっぷり受けちゃた
・クリスティーナ・アギレラ
「stripped」ってアルバムがダントツ
これだけが好き、って言いきれるくらいこれは凄くいいです
ソウルフルなんだけど、ロック感がすごい
胸が熱くなります お腹、いや・・背中まで熱くなるかもよ

この中のロックなバラードナンバー聴いたら
止まらなくなって、思わずピアノの前行ってしまいました
聴きながら一緒に弾き語った 笑

しかも5回もリピートしたあー!!


カラオケ行きたくなったぞ。



レコーディング

 京都入りして間もなくレコーディング入り。

HANDSのときからお世話になっている湖北の自然いっぱいの中のスタジオ
この日は朝から雨が降って、本番にはいい感じに空気がしっとりとして
最高のコンディションでした、ラッキーだった。


今回の目玉は、何といってもライブ1発録り。

部分的な差し替えとか、一切できないし修正も出来ないから、
最初から最後まで全てがそのままです。

本当に逃げも隠れも出来ないんです
初めは不安でいっぱいでだいぶ迷っていましたが・・

ブルースハープしょうじさんや、学園祭ライブで実際に私の弾き語りを見ていただいた、
今回もお世話になるレコーディングスタジオのエンジニアの森さんの後押しで

敢えて今回はその試練に飛び込むことにしました。




かつて下手下手と散々言われたピアノの弾き語りで
まさかそれも1発録りでCDをリリースすることになるなんて夢にも思ってなかった。

下手と云っていた奴らをぎゃふんと言わせてやろ(笑)
(と言うのはうそ〜言ってくれた事が今の私をつくっています)


コーヒーを
飲〜んで飲〜んで飲んで



飲んで♪


飲みすぎですよ。


ピアノの前にマイクを立てて、こんな感じで録りました。
調律師の方がずっと残っててくださって、いろいろアドバイスしてもらいました♪




だんだんソウルが、昇ってきた。



しょうじさんも、別ブースでこんなかんじだったらしい
モニター越しだけど・・

あとで聞いたんだけど、ずーっと体をくねくねさせてたらしい。
しょうじさんにも昇ってたんだね、ソウルの神が。



いいのが2テイク録れました。
まだどちらかにするか迷ってる・・・

こうやってまた違うレコーディングを経験させてもらえた事が
どれだけ貴重な事か。
またひとつ、自分のアーティスト像が見えてきた気がして、とても充実した日だったな。

3/20(日)リリース予定。
お楽しみに〜♪




疲れがどっときた。

雪も去って

・・寒さだけが、残された


・・みたいな〜っ。


ほんとにほんとに寒いですね
寒さの底でしょう


心配だった雪も無事に去りそうですね

今日は、戸田競艇での ライブでした!

雨の中・・オール女子戦ですよ


女子のパワーってすげー!!
感動しちゃった。


ライブも本当にすっごく楽しかった。
初めての場所でしたが

その広さにただただ、びっくりですよ
ライティングまで戴いちゃって、おまけにでっかいスクリーンに映し出されちゃって・・・


「それなりに映ります」とか誰かさんが言ってたな・・


明日は・・びっくりひなまつりライブ@鴻巣市役所

ワタシ美根百合香のライブは
13:00〜です

外なので。寒そうなので防寒だけはシッカリしてきてくださいね!!

明日はBハープの北条しょうじ参上よ!



コメントで雪の心配していただいてありがとうございました
この感じなら大丈夫よね

それより強風がしんぱいだな〜。

花粉症の方はマスクをね。



では明日お会いできるのを楽しみにしてます!


かつて

夜中だけど ふと
かつての自分を思う


今よりももっとずっと無知、虚勢を張って、自信のなさをカバーしようと必死だった。
カッコよく見せたくて、、だってそうしないと世界から置いていかれる気持ちになる。

あのころ書いた詩は、どれも変に、複雑だったりする

難しくすることがインテリっぽくって、なんだか本物っぽくみえて・・

ただ、そう見えていただけだ。


一種の若いプライドの形みたいなね 自信のなさの表れで、
当時はそんな事にさえ、気がつく事が出来ない。
とりあえず必死でもがく。
追いつめ方も解らずに自分を追い詰めるんだから
途方に暮れ放題

途方に暮れたらくれたでそんな自分に酔う、みたいな〜


もちろん経験不足だったのもあって、結局「どうしていったらいいのか」が解らない状態にいつもなってました。
体調もすっごく不安定で胃はキリキリするわ、常に偏頭痛・・

それなのに「大人は解ってくれない」などと心を閉ざす。
で、心の中では「私は特別なの」とか思う。

そんな感じで、いろんな方に迷惑をかけました。
もちろん両親にも、ね

御免なさい


そんな「もがき」の中から見つけたものはたくさんあります。
心の底にある「自信のなさ」が逆にパワーの源だった事は確かです


そして音楽を聴き漁っていくうちに
遡ってみたくなった 源泉のほうへ・・
その中で歴史を学んで、
大衆音楽が生まれていった理由を知ったときに、はじめて、心の底から、自分が音楽をやる理由というものを考えました。(それは今でも続いていて、この先ずっと続いていくに違いありません・・)

そして、それまでの自分が、いろんな事を難しく考えすぎていたんだと気付いた


世界はこんなに複雑だけど、思考はシンプルでいいんじゃないか。
自分に素直になるってそういうことなんだって思った!


特に30歳を過ぎたころから
なんだか捨てる自分みたいなものが見えてきた

捨てる って 余計なものをそぎ落として行くって事に近いかな
つまりは
「余計なものが見えるようになった」のかな

シンプルになるという事が 本当はどんな事なのか
精神の部分でだんだん 実感してくる

歳をとる事ってそういうことなのかもしれないですね
歳をとることの素晴らしさとか、すごさ。
いま、日々感じてきているところです。
それと同時に、年長の方の事を「本当に凄い、尊敬する」という気持ちがもの凄く膨らんでいきました


だから今は少しも思わない
あのころに戻りたい、とか

時間と人が育んでくれた自分というものを有り難く思います。

もちろん、毎日は不安で溢れてもいるけど、それを支えてるのは自分の歴史です



”NATURALLY がポリシーです”
ファッションとか髪形とか、見た目のナチュラリーさっていうのは
精神や考えから始まってそこにたどり着くものだと今は見える。


そして
難しい言葉よりも、ずっと大事な事が、いつもの言葉の中に宿る
そういった「言の葉」を
生かすも 殺すも あとは
自分の心がどんな声を出すか 言葉を紡ぐか。



いろんな事を感じながら
4曲の外殻が出来ました。


でも、本当の曲作りはここから

ここからはひたすら、これでもかーっと言うくらい、自分の心と体になじませていきます
音楽にも「心・技・体」を感じる部分ね、ここは・・


そのうち余計なものが見えてくる
そしてそぎ落とす。

そして最後まで残ったものが曲になる。




今できる曲は今の私にしか作れない歌だと思う。





昔に戻りたくないけど・・

やっぱ「しわ」には戻れと云いたい



夜中のつぶやき(長いょ)

| 1/9PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM