人間国宝による狂言奉納―at神護寺さん

京都高雄にある、神護寺(じんごじ)にて
弘法太子空海入山千二百年紀のご法要と、それに併せて
人間国宝による狂言奉納が行われました。

何故か、私は今回照明アシスタントという形で参加いたしました

何故か・・(汗)


神護寺は高雄の山の上にありまして、もちろん今回初めて入らせていただいたのですが・・・



何とも、素晴らしいお寺でした!
ひんやりとした、格式ある本堂に足を踏み入れると、
そこには、どのくらいでしょうか・・・ざっと20体ほどはある仏像の数々。

圧巻です。

中央におられます御本尊の薬師如来さまは、なんとも女性らしい少しだけふっくらした体つきも何ともやさしく、おっとりしたまなざしで
つい、食い入るように見つめてしまいました。


実は、私は狂言自体が初体験。
初の狂言鑑賞が人間国宝の方によるものだなんて、なんともラッキーですよね!

狂言って、行ってしまえば昔のお笑いのようなもの、なんですね

知らなかった・・

気楽に見られるものだったんですね


そしてなぜか、お坊さん方、そしてご住職のご長男様と写真をとらせていただいてしまいました・・

つい、かしこまり。





夜のライトアップされた姿もまた格別です



ライトアップ一般公開は11月くらいだそうです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM