かつて

夜中だけど ふと
かつての自分を思う


今よりももっとずっと無知、虚勢を張って、自信のなさをカバーしようと必死だった。
カッコよく見せたくて、、だってそうしないと世界から置いていかれる気持ちになる。

あのころ書いた詩は、どれも変に、複雑だったりする

難しくすることがインテリっぽくって、なんだか本物っぽくみえて・・

ただ、そう見えていただけだ。


一種の若いプライドの形みたいなね 自信のなさの表れで、
当時はそんな事にさえ、気がつく事が出来ない。
とりあえず必死でもがく。
追いつめ方も解らずに自分を追い詰めるんだから
途方に暮れ放題

途方に暮れたらくれたでそんな自分に酔う、みたいな〜


もちろん経験不足だったのもあって、結局「どうしていったらいいのか」が解らない状態にいつもなってました。
体調もすっごく不安定で胃はキリキリするわ、常に偏頭痛・・

それなのに「大人は解ってくれない」などと心を閉ざす。
で、心の中では「私は特別なの」とか思う。

そんな感じで、いろんな方に迷惑をかけました。
もちろん両親にも、ね

御免なさい


そんな「もがき」の中から見つけたものはたくさんあります。
心の底にある「自信のなさ」が逆にパワーの源だった事は確かです


そして音楽を聴き漁っていくうちに
遡ってみたくなった 源泉のほうへ・・
その中で歴史を学んで、
大衆音楽が生まれていった理由を知ったときに、はじめて、心の底から、自分が音楽をやる理由というものを考えました。(それは今でも続いていて、この先ずっと続いていくに違いありません・・)

そして、それまでの自分が、いろんな事を難しく考えすぎていたんだと気付いた


世界はこんなに複雑だけど、思考はシンプルでいいんじゃないか。
自分に素直になるってそういうことなんだって思った!


特に30歳を過ぎたころから
なんだか捨てる自分みたいなものが見えてきた

捨てる って 余計なものをそぎ落として行くって事に近いかな
つまりは
「余計なものが見えるようになった」のかな

シンプルになるという事が 本当はどんな事なのか
精神の部分でだんだん 実感してくる

歳をとる事ってそういうことなのかもしれないですね
歳をとることの素晴らしさとか、すごさ。
いま、日々感じてきているところです。
それと同時に、年長の方の事を「本当に凄い、尊敬する」という気持ちがもの凄く膨らんでいきました


だから今は少しも思わない
あのころに戻りたい、とか

時間と人が育んでくれた自分というものを有り難く思います。

もちろん、毎日は不安で溢れてもいるけど、それを支えてるのは自分の歴史です



”NATURALLY がポリシーです”
ファッションとか髪形とか、見た目のナチュラリーさっていうのは
精神や考えから始まってそこにたどり着くものだと今は見える。


そして
難しい言葉よりも、ずっと大事な事が、いつもの言葉の中に宿る
そういった「言の葉」を
生かすも 殺すも あとは
自分の心がどんな声を出すか 言葉を紡ぐか。



いろんな事を感じながら
4曲の外殻が出来ました。


でも、本当の曲作りはここから

ここからはひたすら、これでもかーっと言うくらい、自分の心と体になじませていきます
音楽にも「心・技・体」を感じる部分ね、ここは・・


そのうち余計なものが見えてくる
そしてそぎ落とす。

そして最後まで残ったものが曲になる。




今できる曲は今の私にしか作れない歌だと思う。





昔に戻りたくないけど・・

やっぱ「しわ」には戻れと云いたい



夜中のつぶやき(長いょ)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM